RETREAT

開催報告・宮古島リトリート!

昨日、宮古島から帰りました。

年末も押し迫ったこの時期、
特に何も気にせず一緒に開催しているなつみと今回の日程を決めたのですが、
宮古島に到着してから気づくと・・・・・

冬至、蟹座の満月、クリスマスイブ、クリスマス・・・・・・・・・。

 

 

なんだかめちゃくちゃパワフルではないですか。

 

冬至は一年の中でももっとも昼が短く、夜が長い。
つまり陰が極まるところ。

普段隠している影の部分や闇が出やすいそんな時期でもあります。

始まる前から
「これは一波乱もふた波乱もありそうな予感〜♪」

案の定、宮古島はずっと雨。
リトリート中、ずっと雨・・・・・・・・・

これはどこにも行かず、部屋にこもってゆっくりやれという
そんなサインかなと受け止め、
比較的、ワーク中心のリトリートとなりました。
自分を大切にケアしました。

 

陰が極まると陽転します。
極まれば極まるほど、そのインパクトも大きくなります。

 

が、しかし。

そんなコテンとわかりやすく転がるわけではなく、

まだまだ自然界も寒い日が続くように、
陽転している時でさえ、
時々まだ冬が続いているかのような
そんな気持ちになります。

陽転しつつも、
雪も降るし、雨も降る。
手足がかじかんで身をすぼめたくなる。

そんな時もじっと蓄えて
日が昇るのを待つ。

すれば必ず晴れ間が見えてくる。

それが自然の摂理。

 

ここから自然界は
太陽が少しずつ長く陽をくれるようになり、
徐々に陽の力を取り戻していきます。

冬至は
ここから新しい一年が始まっていくまさに太陽の誕生日なんです。

大雨の宮古島空港から上空何千メートルだったか過ぎたところで
分厚い雲を抜けたら
美しい景色が待っていました。

今回はいつものような晴天の写真はほとんど撮れなかったけれど、
その分みんなで密にくっついて話して笑って自己開示。
参加者の皆さんの美しい笑顔や美しい涙をたくさん見せていただきました。

それこそ最高のクリスマスプレゼントになりました。
参加してくださった皆さん、本当にありがとう!
またお会いできることを楽しみにしています♪

開催報告、まだまだ続く(かもしれない)。

リトリート当日の朝陽!(午後から最終日までずっと雨・・・)

「リミートーミー」のメールマガジンです。
自分と出会い直し繋がるリミートミープロセスについて、
また、リトリートの詳細情報や早割、メールマガジンをご購読の方のみのお得情報もあります。
この地球に遊ぶオトナたちをもっともっと元気にする情報を配信です。
月に1〜2回ペースで配信の予定です。
PAGE
TOP