BLOG

落ち込んだ時

行きも帰りも空港のカウンターで一悶着あって
ようやくプルメリアラウンジなう、、、です( ̄◇ ̄;)
はあああああ、今回のハワイは飛行機予約でまじ大変でした。

昨日は本当に悔しくてカウンターで泣いたわ。
カウンターにいるGSさんによって対応が違うのは今に始まった事ではないけれど、
一度言われたからといってあきらめるな!&規約は読み方とその人の裁量次第!
と学びました。。。

・・・・・・愚痴っぽくなるので多くは語るまい。
さらなる延泊で15年ぶり?のワイキキは六本木かと見まごうばかり。
見ようによっちゃラスベガスにも見えなくもない。

まあここまではどうでもよいデス。

 

さて!さて!
ワイキキからuberでホノルル空港へ。
迎えにきてくれたでっかい車のでっかいドライバーTonyに
散々愚痴っぽく、
「もう昨日はカウンターで最悪だったわよ〜」
「ひどくない〜?私泣いたんだよ〜」と語り、
Tonyが「大変だったな〜」と言い、
でもどこかお互いに楽しくってすっかり仲良くなりました!

ところで。tonyは?
「お仕事何してるの?uberだけ?じゃないよね?」って聞いたら

「うん。朝5時〜10時までは毎日uber。
10時〜15時までは兄の会社を手伝っててそれからまたuber。」
「兄は船のコンテナの仕事をしてるので、そっちは力仕事さー」とTony。

「めっちゃ働いてるねーー!!!!」と私。
「そうなんだよ、毎日忙しいんだ」とTony。

「でもね、確かに時間はないけれど、自由だよ。楽だしね!
uberは好きな音楽聴いて、好きな車を運転して、素敵なお客さんと楽しい会話だろ。君みたいな!
会社は兄のことを助けたいし、仲間は最高だし、楽しいだろ!
だから、快適なんだよ、僕の人生はねー」とTony。

うん、うん。

お金いっぱい溜め込んでも、見えない何かに束縛されて動けない人たちもたくさんいる。
めっちゃ苦労した先にしか、自由や幸せはないと思い込んでいる人たちもいる。
気楽に生きたら社会から抹殺される気がする人もいる。

あー、えと。
これは自戒を込めて。
わたしもこれらの思い込みから来る不安が実によくわかる。

自由に旅しながら生きることを選択してから、
多くの人に気楽でいいなあーと言われる。
いつもどこにいるかわからんね、と言われる。
でも、旅と旅の間にはぎっしり日本で仕事をしている。
外からは見えないチャレンジもたくさんあるから、落ち込むことも多い。
しんどいなあと思うこともたくさんある。

人から楽しているように言われるけれど、まだまだ私には恐くて手放せないものがたくさんあって
どういう生き方が自分の快適さと繋がれるのか日々試行錯誤。

掴んだな!と思う瞬間もあるけれど、いつの間にかその感覚は何処かに消えて
潜在的にくる不安に掻き立てられてるから日本に戻ればがっつりと働く。
それがまあ私の生き方だとも言えるけれど。

でもねーほんとはさ、いつも今この瞬間、自分につながって
自分の好きやいい感じや魂が喜ぶことと共にいればいい。
今、どんなに不安や悩みや苦しみがあったとしても
顔を上げて大きく周りを見てみたら、いつでも
「今、この瞬間」に何も恐怖はないのだ。
そう知ってる。

日々いろんなことが起きて、
もちろん表面的には怒ったりイラっとしたり悲しんだり苦しんだり落ち込んだりもするし、
痛くて震えることもある。
恐らく、安全地帯にいる人よりはずーっとその機会は多い気がする。

でも、過ぎ去っていくことも知っているから、
深いところでは、いつも自分と繋がっていて、心は平和。
いつも今この瞬間顔を上げて
「あ、世の中平和だったわ」に戻ることで、自分の内側が平和になるよね。

まーカウンターでは泣いたんだけどねー。
やっと帰れるよ、東京!

「リミートーミー」のメールマガジンです。
自分と出会い直し繋がるリミートミープロセスについて、
また、リトリートの詳細情報や早割、メールマガジンをご購読の方のみのお得情報もあります。
この地球に遊ぶオトナたちをもっともっと元気にする情報を配信です。
月に1〜2回ペースで配信の予定です。
PAGE
TOP