BLOG

幸せに生きるための条件

最近、急激に興味を持ったのはフィジー!!
フィジーって世界幸福度調査2014年で第一位になった国だそうです。

ちょうど数日前にYahoo!ニュースで
2019年の世界幸福度ランキング、フィンランドが2年連続一位、日本58位
という見出しが躍ったのでご覧になった方も多いのではと思います。

 

これの調査の方法は、
これに○がついたら幸せって言えるよね?
という条件を基に順位づけされているもので
「あなた、今幸せ?」って聞いたわけじゃありません。
(幸福度調査なるものは、世の中いろいろありますが、今回の国連が発表したものは客観的指標による評価)

 

当たり前だけど、
条件がすべて揃ったところで幸せじゃない人もいっぱいいるし、
条件が人を幸せにするわけではないので、

まあそういう指標から見ればフィンランドが一位なんだー、日本は58位なんだー
ぐらいの捉え方がいいのかなと個人的には思います。

 

それでいうとですよ。
フィジーは不健康です。
例えば平均寿命についても日本は長年1位、フィジーは119位(194カ国中)。
乳児死亡率の低さも日本は圧倒的第一位、フィジー109位。GDPとか失業率とか、
どれを測ってもフィジーは真ん中より下。
なのに、幸せ〜という国です。

 

お金があったらとか仕事があったらとか、
幸せになるためには条件重要!と
刷り込まれている先進国と言われる国にいる人にとっては、ちょっと理解ができません。

でもねー。
このままめっちゃ頑張った先に幸せがあるのではなくて、
今この瞬間、
めっちゃ幸せ〜っって生きることを連続して生き続けること。
本当に成し遂げたいことに向かって幸せ”に”生き続けることが人生のゴール。
そう思ってリミートミーをスタートさせた私にはフィジーの非常識な常識はうなずけるところたくさんで、
ましてやわたしの日常もちょっとフィジーっぽいわと思ってしまったのでした。

フィジーから学ぶこともたくさんあるし、日本の素晴らしいところもたくさんあります。
バリもハワイも本当に素晴らしい。
今年はヨーロッパも行きます。
世界は本当に広いですね。いろんな国から学びたいと思います。

そして、フィジーリトリートもいつかやってみたいなー。
お知り合いがいたら紹介してください!(と言ってみる!)

読んだ本はコチラ。アマゾンアンリミテッドで読めますよ。
「世界でいちばん非常識な幸福論」フィジーのお話。
面白いのできっとまたネタにします。

「リミートーミー」のメールマガジンです。
自分と出会い直し繋がるリミートミープロセスについて、
また、リトリートの詳細情報や早割、メールマガジンをご購読の方のみのお得情報もあります。
この地球に遊ぶオトナたちをもっともっと元気にする情報を配信です。
月に1〜2回ペースで配信の予定です。
PAGE
TOP