BLOG

バリリトリート④(雑感ですけど)

バリの人たちはすごーーーい体感?バランス?軸?空?腔?

バリのお母さんたちは、頭の上に重いものを乗せて運びます。
もちろん両手離して余裕。
こちらはお祭りの時の様子なのでおしとやかな感じだけれど

 

 

2リットルのペットボトルを10本ぐらいお盆に載せてる人とか
カゴをマトリョーシカ風にかなり高く乗せてる人とかいるのですよ。

 

男性もすごい力持ち!

先日は、ラフティングをみんなでしたのですが、
そのラフティングの8人用のかなり丈夫で大きなボート。
綺麗に畳んでヒョイっと一人で抱えて
険しい山道を持って登って帰っていくのを目撃・・・。

険しい山道の上り下りにクラクラしていた私たちは

完全に目が覚めました( ̄◇ ̄;)・・・・・!!

 

 

なぜそんなことができるのかというと・・・
きっと、子供の頃から、親がそうしているのを見て育っているし、
それを練習しているし、だから「できる」ってのもあるよね。

 

 

でもさあ、身体の能力的に日本人とバリ人にそんなに大きな違いがあるとは思えない。

で、なんなのかなあってバリにいる間ずっと観察してたのですよ・・・・。

 

 

 

 

それである時、はっとしました・・!
彼らにとってそれが「普通」じゃんってこと。
だってそれが普通の世界じゃん

 

 

 

 

あ・・・・・・・・・・・・・・・・はい・・・・・・・・。

 

そりゃそうだろう・・・!

 

当たり前じゃん。。

なんですけどね。。。。

 

 

 

別に重たいものを持ってやる!という覚悟もなければ
”決め”もない、ビジョンもない。

ただそういう世界の中にいる、ただそれだけなのよね。

 
できないことができるようになるためには、
ビジョンや決めが大事だって思っている人、いるでしょ??

ビジョンやキメが有効な人とそうではない場合があるので、、、
それはまた今度書こう。

 

 

 

で、、
日本人も昔は相当力持ちだったと言われます。
女性も男性も100キロもある荷物を平気で運んで

(これ有名な写真)

毎日500キロぐらい平気で歩いたとか
女性でも300キロぐらいは平気で担いでたとかいう話も聞いたことがあります。

日本人は昔と比べてか弱くなったのかな?
ってその話を聞いた時に思ったんですけど。

 

違うんだなあ。

それが普通で、そんなもんでしょ。
という感覚で生きていたら、きっと今も同じようにできるのではないかしら。

 

現実的な体力の問題とかじゃなくてですね・・

 

速く動こうとするな。
速い、と知れ。 by モーフィアス

 

 

重いものを一生懸命持とうとするから持てない。
持てると知ったら持てる、と
バリのお母さんたちを見ながら思ったこと。

できないことをできるようにしようとするのではなくて
できると知る、そういう世界に生きる、と。

 

スプーン曲げの清田くんのワークショップに行った時も
「できないって決めてるからできないんですよ、それだけです」
とあっさり言われた。


(切れたフォークを持って喜んでるわたしー笑!)

 

どうやって◯◯したらいいんですか?
どうやったら◯◯ってできるんですか?

そういう質問は
それがあなたの世界にない
ことを意味する。

 

だからね、そういう質問している人は
ずっと理想を追いかけ回して苦しくなるのだ。

 

その世界にドボンと入っちゃう。
そういう世界にわたしは生きたいのだ。

 

伝わるかなああー
伝わらないかなああーーー
伝わらない人にはどんどん怪しげなブログになってしまうエネルギーたっぷりのバリより!笑

6月イベント、来てね!

 

 

 

6月1日オンラインセミナー
稼ぐ力の磨き方リターンズ

 

6月2日大人の寺子屋
どう働くかは選べる

 

6月5日夜 in名古屋 対面イベント
起業家集まります。詳細は後日

7月箱根リトリート
8月富士山リトリート
8月イタリアリトリート

どこかでお会いできますように。

メルマガご登録ください!
最新情報、お届けしています!

「リミートーミー」のメールマガジンです。
自分と出会い直し繋がるリミートミープロセスについて、
また、リトリートの詳細情報や早割、メールマガジンをご購読の方のみのお得情報もあります。
この地球に遊ぶオトナたちをもっともっと元気にする情報を配信です。
月に1〜2回ペースで配信の予定です。
PAGE
TOP