BLOG

続くリトリートご報告

今の現代人の苦しみの多くは
切り離されている、というところからやってきます。

自分は誰にも理解されない
誰も私のことなんて気にしてくれない
大切にしてくれない

だからこそ
理解されようと頑張るし
気にしてもらえるような自分でいられるように頑張り
大切にしてもらえるような自分であろうと振る舞います。

それができないとわかると
完全にシャットダウンして
どうせ、だって、むりだもん、やっぱりね。
そういうの全く興味ないし。
・・と完全分離。

「私、そういうの全然平気なんですよねー」
って言う割にこういうのに興味を持つ人は
無自覚なだけにさらに闇が深いことが多い。
(いいことだけどね)

 

 

リトリートの何がいいかって

何とも誰とも
分離していなかった、
繋がってたじゃんを、
頭ではなくて体験、体感できるというのがいいのです。
(分離を作り出してるのは思考だからさ)

 

一方で何がまずいかっていうと
それを言語化しようとすればするほど
変な人と思われる。笑

目に見えないものや
数字に測れるもの、
頭でわかることこそが全ての人にとって
体感って言われてもピンとこない。

・・本当は測れないところにこそ人間の叡智があると思うのだけど。

 

 

って、ついこないだまでそっちの世界だった人が何を言う!です。
完全、私も思考の人でした。笑


(今やこんな感じに〜!)

 

で笑
リトリートは体験なので、
何が起こったかを報告するのは非常に難しくてですね。

行った場所をいくら並べてもその熱や感動は伝えられないのだけれど・・。

 

 

 

特に今回のリトリートは
深いところを外科治療したような旅だったので
実に身に染みた。痛かった。笑

 

私の大大好きな宮崎作品の
「ハウルの動く城」のラストシーン近く。

ハウルは自分の心臓を取り戻して目を覚ます。
「うぅぅっ、いてて」

するとソフィアが笑っていう。
「ね、生命って痛いの」

 

私にとってリトリートは
痛みと生命を感じる場所。

自然に触れて自分は何とも誰とも分離していなかった
を感じる場所。

今回も痛い思いと生命の重さを感じて
うぅぅ!と。
いや〜・・想像以上。

 

繋がり、そして生命を感じられてると、

必要なことが起こるだけ、
なんも心配しなくても大丈夫っていうのが
深ーいところから沸いてくる。
本当に幸せな時間となりました。

 

参加者の皆様も本当に素晴らしかった!
呼ばれない人はリトリートには参加できませんね。

 

長くなったので次!笑

こんなところから書いてるよ〜

 

個人セッションにお申し込みくださりお話聞かせていただいたみなさまありがとうございました。
バリに来てから合計43人の方とオンラインでセッションしました!
グワングワンきてくださった方もたくさんいらっしゃったようで
よかった、よかった。
またそのうちやります!

次回はよかったらぜひ〜

 

次は2月24日
君塚由佳さんとイベント!
こちらは水天宮です。

 

「リミートーミー」のメールマガジンです。
自分と出会い直し繋がるリミートミープロセスについて、
また、リトリートの詳細情報や早割、メールマガジンをご購読の方のみのお得情報もあります。
この地球に遊ぶオトナたちをもっともっと元気にする情報を配信です。
月に1〜2回ペースで配信の予定です。
PAGE
TOP